ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは?

よくある症状

眼瞼下垂とは、『上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり物が見づらくなったりする状態』をいいます。

眼瞼下垂の人は無意識のうちに視界を確保しようとして、眉を吊り上げ眼を見開いたり、常に顎をあげながら物を見るようになります。この慢性的な額の筋肉の緊張が、頭痛や肩こりの原因になってしまうのです。症状が悪化すると吐き気や目眩、交感神経の緊張を引き起こしたりすることもあります。他に重症筋無力症や動眼神経まひといった原因の場合、眼瞼下垂に加えて物が二つに見える(複視)症状がでることもあります。片眼のみ眼瞼下垂の場合は、外見的にも左右が非対称になり気づきやすいですが、両眼ともの場合は、かえって分かりにくいことがあります。

眼瞼下垂の程度

正常
上まぶたのフチが角膜(黒目)にほどんどかかっていない状態。
軽度
上まぶたのフチが角膜(黒目)と瞳孔の間にかかっている程度。
中等度
瞳孔の上半分にかかっている程度。
強度
瞳孔の下半分までかかっている程度。

しかし、眉毛をあげてよく見ようとする動きがあれば、軽度と判断してしまうこともありますので、専門の医師に判定をしてもらいましょう。

症例

老人性下垂
加齢によりまぶたが弛んだり、まぶたを挙げる筋肉の作用が弱くなることでおこります。
コンタクトレンズ下垂
ハードコンタクトレンズを長年使用している人に多く、レンズを外すときにまぶたを引っ張ることなどが原因とされています。症状に左右差があることが多いです。
白内障などの手術による下垂
術後の炎症が強かったりすると、進行する場合があります。
先天性下垂
生まれつきまぶたを挙げる筋肉の作用がほとんどありません。先天眼瞼下垂において、眼瞼挙筋(上まぶたを挙げる作用をもつ筋肉)の形成不全が原因とみられる場合は、眼球運動障害を伴うことはありません。下垂の程度によっては手術を要します。


治療方法

眼の断面図

治療の指針

主な治療法は手術です。先天眼瞼下垂で視機能の発達に差し支えるならば、早期治療が望ましいでしょう。後天性のものでも老人性やハードコンタクトレンズの長期装用による場合は、手術になります。
手術後は、余計な力がかからなくなるので、肩凝りや頭痛なども解消されます。視界が明るくなるので、気分も晴れやかになることもあるようです。他の疾患が原因の場合は、まず原疾患の治療を優先します。

また症状の状態によっても治療方法が異なります。

  • まぶたを挙げる力が少しでも残っている場合は、弛んでいる筋肉を縫い縮めて本来の機能を回復させ、まぶたを挙げる方法をとります。
  • 老化により皮膚が垂れ下がっている場合は、余分な皮膚を切除し縫合するだけの方法をとります。これにより、目元が若返って見えるという副次的な効果もあります。

レーザーメスによる手術

具体的な器具として、炭酸ガスレーザーメスを用います。出血が少なく、皮膚への負担も少ないのが特徴です。手術自体は片眼約20分と短時間で手術痕も目立ちません。局所麻酔で日帰り手術となります。術前検査では視力検査を含む下垂の程度観察と心電図、血液検査を行います。手術は予約制で、医師と相談しつつ日を決めます。現在手術は3ヶ月以上待ちとなっております。

手術費用(片眼)
1割負担の方・・・約8千円
2割負担の方・・・約1万6千円
3割負担の方・・・約2万4千円

※眼瞼下垂の種類、程度により多少異なります。

術後

通常、眼帯は翌日から小さいガーゼになり、翌々日にはガーゼは要らなくなります。まぶたは腫れやすい組織なので術後一時的に腫れたり、紫色に内出血することもありますが、1〜2週間で戻ります。

手術当日は入浴ができません。首から下の入浴は手術翌日から可能ですが、洗顔、洗髪は2日間ほど控えて下さい。

お酒やタバコは回復に支障をきたすことがありますので1週間ほど控えて下さい。

術後1〜2週間後に抜糸します。

手術後検診

翌日、術後1〜2週の抜糸時、1ヶ月、3ヶ月後に受診していただきます。



よくあるご質問

眼瞼下垂手術は痛いですか?
手術は局所麻酔でおこないます。麻酔がよく効いていれば術中に強い痛みを感じることはまずありません。もし万が一、痛みを感じることがあれば麻酔を追加することも可能です。心配な方は医師とよく御相談ください。
またハードレンズを使用できますか?
ご使用頂くことは可能ですが、下垂が再発、進行する可能性が高いためおすすめはいたしません。
眼瞼下垂手術後は運動しても大丈夫?
1ヶ月は過度な運動は避けてください。手術後1、2週間程度は腫れが残ります。
ぱっちり二重にしてほしいんですけど・・・
美容整形手術ではありません。できるだけ希望に添えるよう努力はしますが、あくまで機能回復を目的とした手術となります。
眼瞼下垂手術の費用はいくらですか?
保険適用の1割負担の人で片眼 約8,000円です。
保険適用の2割負担の人で片眼 約1万6,000円です。
保険適用の3割負担の人で片眼 約2万4,000円です。

ここからフッター