ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

緑内障検診

もくじ

検査方法

検査は眼圧検査、眼底検査、視野検査、視神経乳頭等の形状解析などが行われます。

眼圧検査
眼の内部の圧である眼圧を測定します。眼圧を下げることが緑内障の治療となるので治療状況を把握するための基礎的な検査です。ただ、角膜の薄い人や近視矯正手術(レーシック)を受けた人は眼圧が低い傾向にあり、逆に角膜の分厚い人は眼圧が高くなる人がいます。角膜に異常があっても眼圧に影響が出たりするので、緑内障の現状把握が難しくなるケースもあります。
眼底検査
瞳孔を開く目薬を差し、視神経乳頭陥凹の度合い、乳頭出血の有無、乳頭周囲脈絡網膜萎縮等を診ます。
視野検査
緑内障を発症すると視野に異常があらわれますが、通常末期になるまで中心視野は保たれることが多いため視野異常を自覚しにくいです。中心視野が損なわれると急激に視力は低下しますので、そうなる前にしっかりと視野の検査を行い、進行をくい止める必要があります。当院ではゴールドマン視野計ハンフリー視野計FDTによる静的視野検査、動的視野検査を行うことが可能です。
画像解析
OCTといった機械により視神経乳頭や視神経線維層の形状解析を行い進行の度合いを推し量ります。

緑内障について

ここからフッター