ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

日帰り白内障手術

もくじ

日帰り白内障手術

当院では最新型の超音波水晶体乳化吸引装置折りたたみ眼内レンズによる創口が3mm程度の小切開手術をいち早く導入しています。 小切開手術では従来の手術方法と比較して手術後の回復が格段に早くなりました。

白内障の進行の具合や他の合併症の有無によって個人差がありますが、通常の場合の手術時間は10~15分程度となっています。点眼麻酔で手術をおこないます。

手術にあたり事前に必要な検査・・・所要時間約1時間

  • 視力検査
  • 角膜曲率半径
  • 角膜内皮細胞検査
  • 眼圧検査
  • 細隙灯顕微鏡検査・眼底検査(散瞳検査*を含む)
  • 超音波検査(眼軸長検査)
  • 心電図
  • 採血 その他

*散瞳検査後は4〜5時間ぐらい見え方に影響がでるため、車の運転はできません。

手術をうけるにあたって問題がないかどうか、血液検査などの全身検査や、網膜の働きを調べる検査、眼内レンズの度数を決めるための検査が必要です。全身状態によっては、手術に支障をきたすこともありますので、他の内科医院や病院などで検査を受けていただく場合があります。治療中の病気などがありましたら、必ず医師に申し出てください。

手術の費用・・・手術は、すべて保険内にて行います。

  • 高齢 1割負担の方 … 約1万2千円
  • 3割負担の方 …...... 約5万4千円

当日の流れ

手術は10分ほどですが、準備や消毒点滴などを行いますので、全部で2時間〜2時間半ほどかかります。

白内障について

ここからフッター