ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

日帰り白内障手術

もくじ

術後の見え方と眼鏡

術後の見え方

手術で眼の黄色いフィルターがかかったような濁りをとると、視界が青白くなったように感じる人もいます。より鮮明に見えるようになります。

手術後の眼鏡について

昔の手術のように眼内レンズを挿入しない場合は、強度の遠視になるため術後に分厚い眼鏡やコンタクトレンズの装用が必要でした。眼内レンズを挿入した場合はそのままでもよく見えるようになるわけですが、より良好な視力を求めるのであれば、自分の生活環境に応じてメガネをあわせていただいた方がいいでしょう。

白内障手術を受けた目は、老眼の進んだ状態と同じように、ピントをあわせる調節力がほとんどありません。そのため、「眼内レンズのピントが遠くにあった目」では遠方はハッキリみえますが手元がボヤけてしまいます。 逆に「眼内レンズのピントが近くにあった目」では、手元はハッキリみえますが遠方がボヤけてしまいます。

そこでよりハッキリと遠くや手元を見えるようにするには、それぞれの使用距離に度数を合わせたメガネを使用していただくとよいわけです。手術後は視力が不安定になる事があります。

白内障について

ここからフッター