ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

眼鏡屈折

もくじ

眼鏡度数の決定

使用目的に合わせて度を決定していきます。年齢を重ねてくると、遠くを見る度と、近くを見る度が必要になる為、用途に応じた眼鏡の選択が必要になります。

単焦点

遠くのみ近くのみの度が入ります。近くの度数を入れると、読書や手元の作業が楽にこなせます。

遠近両用

手元のみ見える老眼鏡の掛け外しが不便であれば、1本の眼鏡で遠くも近くも見える遠近両用眼鏡があります。外出先から室内までメガネをつけたままお過ごし頂けます。レンズの構造から境目のない累進レンズ境目のある二重焦点レンズに分かれます。境目のないタイプは遠用部から近用部に徐々に度数が変わっていく構造で、二重焦点とは違い中間距離も見えるので機能的と言えますが、レンズの両脇が歪んでいる為中間や手元の視野は狭く、違和感がある場合もあります。

中近両用

中近両用は遠近両用よりも中間や手元の視野が広く室内専用です。遠くは見えなくても困らない、遠近両用では視野の狭さや歪みが気になるという方にはお勧めです。 オフィスワークや家事など室内の作業が快適になります。

近々両用

近々両用は手元から少し離れた距離までが見えるようになっています。
読む、書く、パソコン作業など、デスクワークを快適にこなせます。

以上のように用途によって様々な眼鏡の選択肢があるので検眼の際によく相談して眼鏡の度数を決定していきます。

眼鏡屈折について

ここからフッター