ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

眼鏡屈折

もくじ

眼位検査

両眼の向いている方向を眼位と言います。 両眼の視線が1つの目標に向かわないと、複視(物が2つに見える)、眼精疲労などの症状が出てきます。両眼視機能の検査にはヘス、シノプトスコープ、ワックET等を使用します。

眼位の異常

斜視

両眼の視線が正しく目標に向かない状態を言います。
これは眼位の異常に両眼視の異常が加わることで引き起こされます。

遠視が原因である調節性内斜視は、メガネ、コンタクトレンズで屈折矯正され、それ以外の斜視の眼位矯正はすべて手術によって行なわれます。

内斜視
外斜視
上下斜視
斜位

斜視に比べ、眼位の異常はあるが両眼視の異常はない状態のことを言います。症状がなければ放置してさしつかえないですが、程度が強く、症状があるときにはプリズム眼鏡を使って矯正した方ががよいでしょう。

眼鏡屈折について

ここからフッター