ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

コンタクトレンズ疾患

もくじ

病原菌による感染

主な症状
  • 強い目の痛み
  • ゴロゴロ感
  • 目やにが多い
  • 白目の充血

角膜の表面に傷があるときに病原菌が感染すると、角膜浸潤を引き起こします。

角膜浸潤とは、角膜(黒目)の中に白血球が集まっている状態です。通常、角膜の中には白血球はなく、白血球が入ってくるとその部分は白く濁ってしまいます。
白血球が入ってくる原因は感染と免疫反応の2つの場合があり、コンタクトレンズ装用者では前者があてはまります。
 感染の場合は、病原体として、細菌、真菌、ウイルス、アメーバなどがあります。治療は、コンタクトレンズの装用を中止して、抗菌薬を使用します。
コンタクトレンズを装用している場合に特に注意すべきことは、コンタクトレンズやケース、指を介して、これらの病原体で感染が生じてしまうことです。とくに角膜に傷がついている状態で、不潔な指で触れたきたないコンタクトレンズを装用すると感染症が生じやすくなります。近年ではソフトコンタクトレンズを使用している若者の不適切な取扱により、感染症が引き起こされるケースが多発しています。

治療せずに放置すると角膜潰瘍(角膜実質までの損傷)や角膜穿孔(角膜に穴があく)等の重篤な疾患を引き起こし、最悪の場合細菌等が眼球に入り失明にいたります。

角膜感染症の症状は一般的に、いずれもなどがあります。検査は細隙灯[さいげきとう]顕微鏡による病変部の観察、フルオレセインによる生体染色、場合によっては病原体の分離培養などを行います。病原体の種類によって治療も異なるので、初めに正しい診断をすることが何より重要です。

細菌性のものは初期なら市販の抗菌薬の点眼で治ることもありますが、細菌の種類が合わないと症状が進みます。真菌性やアカントアメーバは市販の点眼薬では治りにくく、診断も難しいといわれています。コンタクトレンズを使っている方は正しい使い方を守り、特に目の異常には気を付けて定期検診を怠らないことが重要です。

CL疾患について

ここからフッター